介護職において基礎技術の習得は重要

介護の仕事を行う場合には、その職場に応じた技術を習得する必要がある。介護を行う施設の種類は多く、様々な介護サービスの提供を求めて、高齢者や障害を持った人々が施設を利用しているので、利用者に合わせたケアが必要となるからだ。介護の現場でスタッフに求められるものは、利用者との信頼関係の構築があげられる。介護のスキルが高くても、利用者から信頼されていなければ、満足できるサービスを提供できなくなってしまうだろう。そこで、利用者の方に毎日積極的に声をかけたり、日常会話を頻繁にしたりするようにすると良いだろう。このようなコミュニケーションは、介護において基礎技術の一つになる。

また、食事や入浴といった日常生活に関する技術の習得も介護職には欠かせない業務である。介護の職場は人員が不足しているために、一人一人に十分なケアをできない場合もあるかもしれない。しかし、危険な作業を行う場合にこそ基礎技術の習得がポイントとなり、利用者の安全を守れるようになるのだ。例えば、利用者が食事中に体調が悪くなってしまった場合には、その原因をすぐに究明する必要がある。食物が原因で体調不良になってしまったのか、それ以外の部分に原因があるのかを手際良く判断しなければならない。そのためには、介護についての知識を習得した上で、高齢者が陥りやすい疾患や身体的トラブルについても事前に知っておく必要があるだろう。

高齢者が起こしやすい体調の変化やその対処法を習得しておけば、突然の体調の変化にも慌てずに的確な対応をすることができるし、安全・安心な介護サービスが提供できるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です